ch.おうち日常Diary

この時を自分らしく表現したいナ♡

六月のブログ

Posted by _flower_ on   0 comments   0 trackback

六月も楽しく



にほんブログ村


 こんにちワ!フラワぁです。


あれこれと慌ただしき五月も終わり、


六月が始まってしまいましたね♪


今月もよろしくお願いします。


今日も元気に笑顔でお過ごしでしょうか?


朝から空は快晴です。少し霞んだ空となっています。


六月こそ毎日更新!目指しますQQ


 


スピリットとしての埴輪


さて、今日は「埴輪」について書きたいと思います。


いつから飾ってあるのか、忘れるほど以前から


我が家に来ている埴輪ちゃんですが、


若い頃からなぜか、惹かれるこのスタイル。


 


スピリットを感じてしまう深い造形。


古代エジプトのピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と


日本の巨大建造物や埴輪。


王や首長の墳墓と考えられていますが、いったい何の為


どうやって作られたのだろう…


 


庭の埴輪くん映したら、ググってみたくなりました。


絵に描いてみると分かる(と言うか感じる)のですが、


素人が作ったのでは決してない事。


只の置物だろう!と思っているあなた(。-_-。)!


微妙にバランスが取れて、シンプル。どこか天才が作った


小さな我が家の埴輪ちゃんですが、


神秘とロマンに満ち溢れています。


 


巨大な前方後円墳


さらに、巨大古墳の前方後円墳は本当にキリスト誕生から


後に作られた物??と疑問に思ってしまいます。


映画『アバター』をみた時から色々な事(歴史)が


最初の出だしに戻ったような感覚があります。


この古墳も今現在の人間では無理、遠近に関係なく


全体像を掴むことはできませんよね。


 


ただの個人的な思いですが、


その頃、人間は考えられない程巨人


だったのではないかなって事。


一体、何がどうなっているのか(ロマン)


 


まとめ 


古墳がいつからか作られなくなったのは6世紀末からと


言われているらしいのですが、なぜでしょう!?


素人の私には人間がだんだん小さくなってきて、


巨大な建造は不可能になってきたからではないかと、、、


 


スピリット埴輪「踊る女」 


「踊る女」と言うシンプルな美、置物がもし


素人、天才に関係なく人の手によって作られているとしたら


命をかけて懸命に造っている何か必死に取り組んだような気配。


 


芸術的ではあるけれどもそれとは違う芸術みたいな感じ


うまく表現できませんが、只の遊びではない深い訳が


あるとしか思えない。


あなたはどう感じますか(・・?)


 


歴史の専門家ではない、


スピリットの面から光を当ててみました。


本日もご訪問ありがとうございます。


読んで頂いても、そうでなくてもありがとうございます。


午後から暑くなりそうです。熱中症など気をつけて


 


笑顔でご機嫌な1日をお過ごし下さいね💙


             では、またね! bye !


 


 









 


 




                          ↓ クリック有難うございます♪ 







 


 







 

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wflowervilla.blog.fc2.com/tb.php/583-87c34f5e