ch.おうち日常Diary

この時を自分らしく表現したいナ♡

編み物の季節

Posted by _flower_ on   0 comments   0 trackback

編み物の始まりは古代遺跡時代から


 




 


 


今日ワ、今晩ワ~ フラワァです🌼


今日も元気で、機嫌よくお過ごしでしょうか。


二月も今日で最後となりました。早いですね!


 


手編みの為に購入していた毛糸が余っています。


小さい頃におばぁちゃんに習った手仕事の数々ですが、


今日は手編みの事について、深掘りして


みようかな!と思います。


 


 


フランスの田舎、地方ではレースの繊細な編み物が


発達していたらしい。


棒針編みにはフランス式以外アメリカ式、ポルトガル式等、色々。


やはり、最も盛んといえば、やはりヨーロッパ!


 


世界最古の伸縮性のある衣類(帽子や靴下)はシリアの古代遺跡から


発見されているそうです。


4世紀~5世紀にエジプトやシリアから編み物が伝わり


11世紀~14世紀に二本棒針ができて、定着していきます。


 


編み物はヨーロッパの人達にとって、生きる糧になっていた


ようで、女性は排除された男達の仕事とされてもいたようです。


 


編機が発明されたのは1595年(イギリスのウィリアム・リー)


その後、歴史と共に庶民のファッションとして親しまれ


ニット製品が人気となります。


 


日本では編み物はそれほど発達していないようです。


羊を飼育する環境もなかったせいでしょうか。


 


初めて持ち込まれたのは17世紀後半に入ってからで、


明治2年アメリカから8頭のメリノ種の羊を受け入れ


日本でも羊の飼育が始まり女学校で編み物教育が


いよいよ開始となりました。


 


確かに日本では主婦や女性のイメージが強いですね。


ところが、外国では男性が編み物と関わっていた為


今も男性が編んでいるシーンを見る事があり、生活に


深く根付いているんだそうです。


日本人だと、なんか変!!!


 となりますね。


 


 


細かい作業のイメージがありますが、単純な反復作業は


気持ちを落ち着かせ、癒しの側面がありますね。


あなたも是非毛糸やヤーンを手にとってみてくださいね!


 



 


では、今日もご機嫌で過ごしましょ💙


             またね! bye!


 


 




 

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wflowervilla.blog.fc2.com/tb.php/539-3a332146