ch.おうち日常Diary

この時を自分らしく表現したいナ♡

紫陽花の記憶。

Posted by _flower_ on   0 comments   0 trackback

朝からとても良い天気。
とは言っても、昼過ぎから小雨のぱらつく空模様でした。
洗濯物や布団カバーが少し濡れてしまいました~^^;)








紫陽花も梅雨の季節とともに過ぎて行こうとしていますね。
綺麗だった紫陽花にありがとぅを込めて…。





紫陽花を描こうと思うと、つい6月に気持ちがいってしまいます。
花嫁姿に「June bride」は何故そうなったの!?

日本ではこの時期は梅雨のため、どうしてもホテルや結婚業界は客足が遠のきがちな為
第二次世界大戦後少しづつ浸透し始めたそうです。
6月の花嫁は縁起がいいという欧米の情報を浸透させることにより6月の経営不振を
払拭することが出来ると考えて、国民に浸透させたという説があるそうです。

そして、欧米説は
ローマ神話にジュノーという女神がいて、
このジュノーは女性の守り神であると同時に婚姻の女神様。
このジュノーの月がjunoからjuneで6月が作られたらしいです。
6月に結婚する花嫁はジュノーの守護の元、
幸せな結婚生活が送れると信じられてきたそうです。
ヨーロッパでは梅雨がないのに加え、晴天がもっとも多い月。
結婚式をするには晴天の多い日が良いらしく(確かにそう)、この時期は農家のお仕事も一段落。
嫁ぎ先のお仕事の妨げにならない様、6月に設定されているということもあるらしいです。


PCアチコチ検索してわかりました~♪



                    では、またね☆
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wflowervilla.blog.fc2.com/tb.php/278-0909a176