ch.おうち日常Diary

この時を自分らしく表現したいナ♡

太陽と地球と星と(地球は太古の昔から揺らいでいる)

Posted by _flower_ on   0 comments   0 trackback


                    紫陽花 ー ひたむきな愛

 


 


 



 


 


こんにちワ!フラワぁです。


今日も笑顔でお過ごしでしょうか?


雲が局地的に大雨を降らせているようで気をつけて


元気に過ごしましょう。最小の被害で済みますように…。


 


    太陽と星は今どの位置なのでしょう


さて、六月二十二日は『夏至』でしたが、


皆様はいかがお過ごしでしたか?


毎年二十一日が夏至に当たる日が多いのですが、年によって


一日前後することがあるのだそうです。


 


特に専門の知識もなく、ただただ夜空を眺めるのが


好きな一人なのですが、


その日、「今日は夏至なんだ!」と意識したのは


その日の夜中でありました。


そのちょうど一週間後になる訳ですが、


「夏至」というと太陽が地球の一番北に位置する。


太陽が最も北に寄り北半球では昼が一番長く、


南極では、太陽が現れない。という事。


 



では太陽が北極星と重なることはないにしても


とても近くなるということなのかな


表現が大袈裟ですが;;)


 


    太陽と地球の位置関係は絶妙な関係


地球は自転と公転を繰り返し一日一回転しながら


太陽の周りを一年で一回、周っていると言う不思議が


凄い事になります。


これが、また図にすると地球の周りを回っているようになり、


見掛け上の通り道“横道”と言うのだそうです。



24等分した点を季節の名称に割り当てて


季節が安定して定まっている(理解不可に近いデス;)


 


北半球にある日本では太陽が頭上にあり日差しが


真っ直ぐとなり影も冬に比べると短くなりますね。


     なるほどフム。。


tashlouise.info


 


 


    地球の歳差運動サイサウンドウと星々


難しい言葉ですが、どう言うことかと思いますよね。


それは、地球もたまに、速度が曖昧になってフラフラと


ふらつくことがあり、そのふらつきが円を描くように


線で繋がるらしいのです(多分長い長い年月をかけて)


このふらつく円の線状にある星々がその時代の北極星になる。


現在はこぐま座アルファががそれに当たりますが、


古代エジプト時代にはりゅう座アルファトゥバンが北極星!


と言うことは


今年の夏至はこぐま座アルファと太陽は一番近い距離に


あったと言う事なのでしょうか。


 


 


  ↓ ご興味のある方はご覧下さい


歳差運動とカレンダー


 


    おわりに


地球が歳差運動で、ふらつけば地軸も移動、不安定になり


磁場の移動など人間では理解できない1つの生命体として


地球には地球の都合というものが生じるのでは!?


それはちっぽけな人間には到底理解できない


何かがあるのではないかな、と思ってしまいます。


遠い、遠い太古の昔から繰り返してきた事だから


任せるしかないですよね。


 


意識が遠のくほどの地球と太陽のお話ですが、


子供の頃には味わえなかったイメージが湧いて


不思議な感覚を味わっております(*v*!ノ


 


 


今日もお付き合いありがとう


 読んでくださった方もそうでない方もホントに


    ありがとうございます


 


       では今日も元気にお過ごしくださいね💚


                   またね! bye!


 


 


 




          ↓ クリック有難うございます♪










 






 


 

お花見文化

Posted by _flower_ on   0 comments   0 trackback

日本のお花見文化




 


今日ワ~!


今日も元気でお過しでしょうか?


日本全国お花見には良いお天気ですね!


あなたはもうお花見にいかれましたか!?



 


桜のお花も今本当に綺麗に咲いて真っ盛り!


今日は日本の「お花見文化」について書きたいと思います。


イラストに時間がかかってしまったので短く済ませたいと…。


 


“梅は咲いたか、桜はまだかいな”と言う唄があるように


桜の咲く時期を心待ちにしている人達が感じられますよね。


 


サクラの「サ」は山や田の神からきており、


      八百万の神の中に存在する神様。


     「クラ」は神が鎮まる座を意味している。


◉ 桜とはクラの座(根元)に鎮座したとされる木を言い、


さ神を信仰する古代の農民は桜の木に供え物をし、豊作を祈り、


宴を行ったと言う歴史があるそうです。


 


 


 


 


長い歴史に受け継がれ日本人が無条件で桜を好むと


言う事の根本となる気持ちでは無いかと言うお話でした。


では、今日もご機嫌で楽しい1日をお過し下さいね💙


            またね! bye!


 


 


podcast には有料と無料のふた通りあるそうす。


無料でも聴けるものと、聴けないふた通り(^^;)


信頼できるものを安心してお聴きくださいね!


次回、書きたいと思います。